Titan Gecko 編

  1. メンテナンス
  2. 5 view

リアブレーキキャリパーのオーバーホール

フロントに続いて、今回はリアブレーキキャリパーもオーバーホールします。

外すのは簡単ですが、ここから分解して組付けまでが、結構大変なんだよね。ブレーキパッドも減ってますね。フロントと同じキャリパーなのでリビルドきっとなどのパーツも同じものが必要になります。

万力に挟んで、キャリパーボルトを緩めていきます。これで2つに割れるわけです。

汚いですね。これを清掃してピストンを磨いてと、シコシコやると・・・

このように復活するわけです。左が磨いた方で右がこれからのやつ。ピカピカになるでしょ。

あとは組付け直して、フルード入れ替えてエア抜きして終わり。フロントで経験済みなので、今回は早かったです。

プロフィール

とうしろう
とうしろうToushirou
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、DUCATI Multistrada1200Sから現在のTITAN GEKCOで10年以上になります。カスタムやツーリング、ガレージいじりまで色々やってます。

メンテナンスの最近記事

  1. ロッカーカバー&カムカバーのリプレイス

  2. オイル&オイルフィルター交換

  3. 予備検査(テスター)に行ってきた

  4. ユーザ車検の準備

  5. トーションバーリアサスペンションキット

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP