Titan Gecko 編

  1. メンテナンス
  2. 17 view

フロントブレーキキャリパーのオーバーホール

PM製の4potキャリパーですが、自分でオーバーホールしちゃいます。ブレーキパッドやリングも新品に交換してリフレッシュ。

揃えたのはこの3つのパーツ。

  • Performance Machine ハーレー用 PM125X4R ブレーキパッド
  • Performance Machine 125x4キャリパー用 リビルドキット 96年以降
  • Performance Machine ブレーキパッドコッターピン

キャリパーを外して、ブレーキパッドも外します。ピストンは、片側が固着していて動いてなかったようです。

キャリパーボルトを外してパックリ2つに割って分解。綺麗に掃除してピストンも磨いて、グリスアップします。

リビルドキットは、こんな構成になっていてパッキンとは一式新品に交換します。専用のグリースも入ってますのでこれでピストンをグリスアップ。

はい。新品の様にきれいになりました。

組付け直して、ブレーキフルードも新品にしてエア抜きしたら完成です。バッチリだ。

プロフィール

とうしろう
とうしろうToushirou
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、DUCATI Multistrada1200Sから現在のTITAN GEKCOで10年以上になります。カスタムやツーリング、ガレージいじりまで色々やってます。

メンテナンスの最近記事

  1. オイル&オイルフィルター交換

  2. 予備検査(テスター)に行ってきた

  3. ユーザ車検の準備

  4. トーションバーリアサスペンションキット

  5. ネオガレージさんへ引き取りに

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP