Titan Gecko 編

  1. メンテナンス
  2. 7 view

キャブオーバーホール&点検

キャブのオーバーホールと諸々の点検、オイル交換でネオガレージさんに預けました。 クラッチを切るとカラカラ音がしていたのも気になっていたので、プライマリオイル交換のついでに診てもらいます。

カラカラ音は、ダービーカバーを変更した際のボルトの長さが長すぎて、クラッチに干渉していたのが原因だったようです。早く気づいて良かった。

ネオガレージさんのブログで、この状況を掲載して頂いてます。「1998年式タイタン クラッチ回りの異音点検!!

私のタイタンはクラッチ部分もカスタマイズしてあり、BANDITというアメリカでドラッグレース車両のパーツを供給しているメーカーらしく、強化クラッチが装置されてます。バネ一本ですが、日本にはパーツが出回ってないらしく、メーカーから取り寄せることに。

キャブのオーバーホール+クラッチ修理+各種オイル交換で、ちょっと出費が多くなりましたが。とりあえず、これで安心して乗れます。

プロフィール

とうしろう
とうしろうToushirou
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、DUCATI Multistrada1200Sから現在のTITAN GEKCOで10年以上になります。カスタムやツーリング、ガレージいじりまで色々やってます。

メンテナンスの最近記事

  1. オイル&オイルフィルター交換

  2. 予備検査(テスター)に行ってきた

  3. ユーザ車検の準備

  4. トーションバーリアサスペンションキット

  5. ネオガレージさんへ引き取りに

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP