Titan Gecko 編

インプレッション

Multistrada1200Sインプレッション

Multistrada1200Sですが1200Sには「Touring Edition」と「Sport Edition」と言うのがあって、Myムルティはスポーツエディションです。
どちらも1198テスタストレッタエンジンを搭載、最高出力102hp/6000rpm、最大トルク11.4kgm/6000rpm。
スポーツはカーボン製ベルトカバーやABSを装備し、フロントにオーリンズ製48mmフルアジャスタブル倒立フォーク、リアにプログレッシブリンク、オーリンズ製フルアジャスタブル電子モノショックなどを装備。
ツーリングはスポーツと同じABS、前後サスペンションの他、カーボンパーツの代わりにサイドパニアケース、グリップヒーターを装備してます。

とにかく電子制御満載のバイクなので、コックピットもデジタル(笑)エンジンのかけ方さえもマニュアルを読まないと全然分かりません。

これがコックピットのデジタルメータ類

写真 2013-11-03 15 42 14

ブレーキ&クラッチマスタやキャリパーはブレンボ製

写真 2013-11-03 15 42 24

写真 2013-11-03 15 43 30

電子制御サスペンションはオーリンズ製

写真 2013-11-03 15 43 49

写真 2013-11-03 15 42 55

スポーツエディションは所々にカーボンパーツが多様されてます写真 2013-11-03 15 44 13

写真 2013-11-03 15 44 31

写真 2013-11-03 15 44 40

 

あと、ムルティは車ではメジャーなキーレスシステムになっていて、エンジンの始動はスイッチ一発になります。画像がメインキーですが、キー部分はシルバーのポッチを押すと「シャキーン」って出て来て、これを使うのはリアシート下の収納ボックスにアクセスするのと、ガソリンンの給油の時。

メインキー(キーレスシステム)

 a67d54de-s

 

ちょっと、試しにいじったのが「T-REV」というパーツの導入。これはクランクケース内圧コントロール機能追加できるデバイスでこんな効果があるみたいです。
●スムーズなエンジンブレーキ
●スロットル開度ON/OFFによるギクシャク低減
●ポンピングロス低減、スムーズな回転上昇
2e1057cf-s
そして、ドカの良いところは「オーナーズマニュアル」や「パーツリスト」などがネットで提供されているところ。隼時代にサービスマニュアルをヤフオクで数万円で落札して入手していたことを思うと、なんで日本のメーカーも無償で公開しないのかと不思議に思います。PDFで公開しているので、iPhoneにダウンロードしておけば、いつでも見れるし整備の時はiPadで見れば大きな画像で見れます。とっても便利。
 オーナーズマニュアルWS000004
WS000005
パーツリスト
WS000006
WS000007
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Toushirou All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.