思い起こせば2006年の夏に今のガレージを設置してかれこれ10年。その前は、このバイクバーンっていうテント型ガレージでした。

バイクバーン

10年前の夏にイナバのバイク保管庫を設置して、私のバイクガレージの歴史が始まりました。当時はGSX1300R隼を所有しており、バイクつながりで知り合った仲間も数名遊びに来てくれたものです。

バイク保管庫の設置

06-12-31_13-16

そんなガレージでしたが、10年も経つと、物足りなくなってきて、もっと素敵なガレージにしたいという欲望がフツフツと・・・・。そんな時、幼なじみの友人から「外装材が破格値で手に入るけどいる?」という電話が。早速、資材置き場に物を見に行き、あまりの破格値にびっくりして購入してしまいましたww。

外装材ストレート

外装材コーナー

【2015年11月】この外装材をガレージに1枚づつ貼って行くのですが、この作業が実にしんどい。。。。。最初は、3段貼り終えるのに1日掛かりました。水平をとりながら接着剤で貼り付けていきます。

ガレージ外装の試し貼り

ガレージ外壁施工

ガレージ外装 施工中

そして、やっと、右側面と正面の施工が完了。後で気がついたのですが、正面のブロックがレンガ貼りの様に互い違いになってませんでした・・・。まあ、貼ってしまったのでDIYのお愛嬌ということでww。ここまでで約半年掛かってしまった。

バイクガレージ正面と右側完成

【2016年5月】GWを利用して、最後の左側面とシャッター枠と屋根をの施工を行いました。ホームセンターに行ってシャッター枠と屋根材を物色。シャッター枠はアルミのブロンズ色のアングルを採用。屋根材はコロニアルを貼ることにしました。

シャッター枠のアルミL材

屋根材

左側面に外壁材を貼り付け、シャッター枠をアングルで組みます。アングルがブロンズ色なので締まって良い感じですよね。あとは屋根を施工して完成。

バイク保管庫 外装

コロニアルを屋根の側面に貼って、縁をアルミのアングルで化粧してみました。屋根材の色を自宅の屋根の色と揃えて茶色にしようかと思っていたのですが、とりあえずはこれで完成です。

バイク保管庫 屋根施工

これが、施工前のバイク保管庫

イナバ バイク保管庫

そして施工後のバイク保管庫。良い感じになりました。

バイク保管庫 施工後

ついでにDUCATIのステッカーも貼ったりしてwww

DUCATIのシール

更に、ガレージと母屋の間に屋根を施工。余ったアルミのアングルと、UVカット仕様の屋根材で施工しました。これでワイフも大満足www。

IMG_0791

さて、次は、内装だ。

プロフィール

とうしろうfirstitpro
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、現在はDUCATI Multistrada1200Sで10年になります。それ以前は中型バイクでレプリカ~アメリカンまで幅広く乗り継いできました。