Titan Gecko 編

  1. カスタム
  2. 57 view

’2022 タイタンの現状 vol.2

タイタンゲッコーの現状

その後のタイタンの進捗状況ですが、まだ数カ月かかりそうです。前回の投稿でメンテ・カスタム内容をご紹介したのですが、進捗したものもあれば、トラブルもありって感じでまだ先が見えない状況です。どんな感じかを記録する意味で掲載しておこうかと思います。

フロントフォークのトラブル

予定していたフロントフォークですが、海外メーカーに発注して納品を待っていた中、急にオーダーキャンセルとなりました。。。

DNA 62mm 倒立フォーク
DNA 62mm 倒立フォーク

コロナの影響もありメーカーに部品が入らなくなったとのことです。はじめからオーダー受けるなよ!って感じですが、倒立フォークで長さとレイク角をオーダーできる違うフォークを探すことになりました。

なかなか、適合するパーツが見当たらず、見つかってもオーダー終了している状態で、仕方が無く正立フォークで検討することになりました。こうなると「レイク3°、長さ+2インチ」は譲れないということで、このフォークになりました。

41MM SOFTAIL/DYNA TORPEDO
HHI製 41MM SOFTAIL/DYNA TORPEDO

3月にオーダーしてやっと先日納品されたのですが、なんと!上下のトリプルのフォーク穴径が違うというアクシデント。。。クレームして、またパーツが送られてくるまで待ちです。

 

 

ミッドコントロールの加工

フォア―ドコントロールは、タイタンのパーツが入手できないため、どうせならとミッドコントロールに変更するのですが取り付けには加工が必要で、右側はサンダーヘッダーのマフラーと干渉するため、マフラー側に加工が必要になりました。

 

 

塗 

ペインターからデザインが上がってきて約2カ月ですが、あと1カ月くらいで仕上がってくるようです。これは楽しみ。ちなみにデザイン画はこんな感じです。

 

 

こんな感じで、結局昨年の8月に入庫したタイタンですが、1年程度かかってしまうようですね。バイクの乗り方忘れてしまいそうだわ((+_+))

プロフィール

とうしろう
とうしろうToushirou
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、DUCATI Multistrada1200Sから現在のTITAN GEKCOで10年以上になります。カスタムやツーリング、ガレージいじりまで色々やってます。

カスタムの最近記事

  1. ’2022 タイタンの現状 vol.2

  2. ’2022 タイタンの現状

  3. またまたハンドルをドラッグバーに変更

  4. ハンドルを可変エイプバーに変更

  5. タイタンゲッコーのオープンプライマリー化

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP