1月の末にタイミングベルト・プラグ・エアフィルター交換のメンテナンスを行い、フロントフォークの右側からオイル漏れが発覚していたため、今度はショックの専門ショップで高い技術力で定評のあるTechnix(テクニクス)さんにバイクごと入院させておりました。先日、作業が完了したとの連絡が入り、本日、引き取りに行ってきました。

入院させたときにウエア一式預かっていただいていたので、着替えを持ち帰るためのリュックを背負って電車で「一ノ割」という駅まで行ってきました。駅から15分程歩くと道の向こう岸に見えてきました。

2015-02-16 11.31.07

2015-02-16 11.31.42

実は、午前中は歯医者に行って、その足で引き取りに行く段取りだったのですが、歯医者が予定より早く終わり、お昼前にTechnix(テクニクス)さんに到着してしまいました。

2015-02-16 11.31.49

早速、中に入ると、ムルティが用意してあるではないですか。約2週間ぶりの再会です。当初はフロントフォークだけをオーバーホールする予定だったのですが、どうせならリアもやっちゃえということで諭吉さんは多く出動しますが、フロント・リアともにフルオーバーホールしていただきました。

2015-02-16 11.32.28

これが、交換した部品たち。まあ、必要ないので処分していただくことにしました。やはり2万キロを超えたショックオイルはかなり汚れていたとのことですが、パーツの状態は問題なしということで標準作業でできたそうです。メンテナンス診断書を見せていただき丁寧な説明を受けて、すっかり安心できました。流石にリーズナブルとはいっても電子制御のショックのオーバーホールなので8人の諭吉さんが旅立ちましたが、これで大きなメンテナンスはしばらく無くなります。

2015-02-16 11.36.53

Technix(テクニクス)さんのショップは、すごく綺麗でスタッフさんの対応もピカイチなのです。ショックの専門店なので安心してメンテナンスしていただけるのですが、オーリンズ製のショックをオーバーホールにメーカーに依頼すると、かなりのお値段になるところ、このショップではリーズナブルな価格で同様以上のメンテナンスをしてくれます。おすすめのショップですよ。

2015-02-16 11.37.04

 以前、隼のショックをオーバーホールしたときもステッカーを頂いたのですが、今回も、新しいステッカーを頂きました。なかなかカッコいいステッカーです。ムルティに貼っちゃおう(笑)

2015-02-16 15.24.04

ということで、お見送りまでスタッフの方にしていただき、Technix(テクニクス)さんを後にしました。ありがとうございました。

2015-02-16 11.47.45

帰って、オイル漏れしていたフロントフォークを見てみると、この通り新品状態に。リアもいい感じになって気分上々です。これでまた存分に走れます(笑)

2015-02-16 12.56.00

2015-02-16 12.56.17

ちなみに、オーリンズのメーカー(ラボ・カロッツェリア)でのオーバーホール作業をビデオで公開しているので、興味のある方はどうぞ。

ラボ・カロッツェリア オーリンズリアショックオーバーホール作業

プロフィール

とうしろうfirstitpro
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、現在はDUCATI Multistrada1200Sで10年になります。それ以前は中型バイクでレプリカ~アメリカンまで幅広く乗り継いできました。