実は、Multistrada1200Sは中古で購入しました。2013年にマイナーモデルチェンジがあって私のは昨年のモデル。知り合いのバイク屋から現状で直接購入したので納車整備は自分でやります(笑)

まずはオイル交換。オーナーズマニュアルを見ると、なにやらオイルの指定が「SHELL-Advance Ultra4」 4.10リットルだそうだ。

写真 2013-10-31 20 50 46

このオイル、近所のバイクショップに電話で確認したら、全然置いてない。モチュール300Vにしようかと思ったのですが、ネットを漁って見つけられたので取りあえず5本(5L)入手しました。

写真 2013-10-31 15 57 10

エレメントも交換しようと、DUCATIの純正を考えたのですがいちいち高いので、K&NのDUCATI用のエレメントにしました。こっちの方が頭がボルト形状になってるし、ワイヤーロックも出来る様になってるのでGOODでしょう。

写真 2013-10-31 15 41 14

早速、作業に掛かります。実はこの作業、朝の5時過ぎから始めて6時過ぎには終了したのですが、朝からオイル交換したのは初めての体験でした。(笑) まずはこのアンダーガードのサイド部分を外します。
左右あるので六角レンチで数カ所をひいひょいと緩めて外すだけ。簡単です。

写真 2013-10-31 15 07 25

反対側も外すと、ホースがアンダーガードのボルトからステーで固定されております。外すと基に戻すときに分からなくなりそうなので写真をパチリ。そして、このアンダーガードを外すと、オイルを抜くドレンボルトがお目見えします。

写真 2013-10-31 15 16 50

一番右にあるのが、ドレンボルト。ドカの場合、六角なんですね。

写真 2013-10-31 15 22 46

オイルエレメントは、純正がついてます。「あらっ!」これどうやって外そうかな・・・
このサイズのエレメントのレンチを持っておりません。まあ、交換なんで、ずたずたになっても問題ないので持っている工具を駆使して外します。

写真 2013-10-31 15 22 14

ということで、ドレンボルト緩めてオイルを抜き、エレメントもなんとは外しました。

写真 2013-10-31 15 40 16

これが純正のエレメント。なぜか結構な値段するんですよね。純正って。てかドカって(笑)

写真 2013-10-31 15 41 29

こちらが、今回装着するK&N製のオイルエレメント。こちらの方が良く出来てると思うんだけど、安いのね。ビジ装着も完了しました。

写真 2013-10-31 15 42 17

写真 2013-10-31 15 53 25

 

あとは、オイルを注入するだけ、エレメントまで交換したから4.1L入るんだよね。。。。。むむ・・
4本目を入れきる前に、どのくらい入ったかゲージを見てみると、なんと目いっぱい入っているではないですが。

写真 2013-10-31 15 57 23

ちょっとエンジン回してオイルを循環させれば落ち着くのかな?と思いアイドリングを5分程度して再度チェックしてみたのですが、まだゲージを見ると量が多い(-“-) 時間もタイムリミットなので、ここで取りあえずオイル交換終了です。(笑)

プロフィール

とうしろうfirstitpro
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、現在はDUCATI Multistrada1200Sで10年になります。それ以前は中型バイクでレプリカ~アメリカンまで幅広く乗り継いできました。