昨年、購入してあったブレンボのリアキャリパーですが、フロントキャリパーだけショップにお願いしてリアは自分で装着しようと思っておりました。私のムルティには、純正でブレンボの通称カニと呼ばれるキャリパーがついており、今回取付けるこのキャリパーとはブリーダーボースの接続位置がちょっと異なります。キャリパーだけを交換すれば良いと思っていいたのですが、どうもホースの長さが足らなくなる様で、ホースも作り直す必要があるようです。ムルティはABS搭載車なのでホース変更となると、ABSユニットを経由する所から入れ替えなければなりません。これは、私では荷が重いということで、エボリューションさんに持ち込むことにしました。(こんなことならフロントキャリパー装着時に、一緒にやってもらえば良かった)

写真 2015-11-24 10 14 18

WS000041

ということで、他のカスタムの予定もあり、どうせなら一緒に頼んじゃえということで、またまた、ムルティは入院です。今回は長い入院になりそう。4月10日に持ち込んで、4月20日頃にはキャリパー装着は完了していたのですが、エボリューションさんから途中経過の画像が送られてきたので、ご紹介。いつも画像を送って頂いて作業工程が確認出来るので、安心です。

DSC_4055

シート下を開けるとABSユニットがお目見え、これがリアブレーキに行ってるホースです。このホースを作り直さないと長さが合わないんですね。ブレーキオイルが回っていくので、このアップダウンをが激しく長い距離に入ったエアーを抜くのは、機械が無いとちょっと無理ですね。

DSC_4049

リアホイールも外してキャリパー交換。結構、面倒な作業になってます。

DSC_4127

どうも、ご覧のようにディスクもすり減っていたようで、純正の新品に交換してもらいました。

DSC_4137

これが純正の新品ディスク。純正で2万円以上するのですが、社外の良いやつにするとその倍近くするので、あまりリアブレーキを使わない私は、純正をチョイスしました。

DSC_4118

DSC_4120

ついでにベアリングのグリスアップも。エボリューションさんは、この当たりの気遣いが素晴らしいです。

DSC_4131

ホースも新しくステンレスのブラックで作り直して、ご覧のようにフロントと合わせて良い感じになってます。

DSC_4136

そして、無事に装着完了。んん、かっこいい。やはり質感が違いますねぇ。

DSC_4132

写真 2016-05-31 17 21 48

実は同時に別のカスタムで、車両はこんな状態。へへへ。

DSC_4058

 

プロフィール

とうしろうfirstitpro
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、現在はDUCATI Multistrada1200Sで10年になります。それ以前は中型バイクでレプリカ~アメリカンまで幅広く乗り継いできました。