今回はムルティのチェーンと前後のスプロケットを交換します。

写真 2015-11-29 10 12 55

Multistrada1200Sの純正データはこんな感じ。

チェーン: 530 リンク数108
スプロケット : ドライブ側 15T ドリブン側 40T 
ファイナルレシオ: 2.667

そこで、純正をそのままリニューアルするのもなんだかなということで、社外のパーツをチョイスすることにしました。最終的に候補が2つ。

【候補A】 純正をそのままコンバートせずに社外にリプレイス

▼チェーン
 DID:ZVM-Xシリーズチェーン 530ZVM-X ゴールド
▼スプロケット
 ドライブ:X.A.M Japan (ザムジャパン) C6506-15 530-15T スプロケット
 ドリブン:AFAM Rスプロケット 530-40 1200 MTS Multistrada 10-11(ステンレス)
【候補B】 コンバート(530→525)して社外にリプレイス
▼チェーン
 DID:ZVM-Xシリーズチェーン 525ZVM-X ゴールド
▼スプロケット
 ドライブ:ISA ドライブスプロケット(DD-2)525-14T
 ドリブン:ISA ドリブンプロケット(D-5)525-38 T (超々ジュラルミン)

少しだけ悩みましたが、【候補B】に決定。やっぱり少しでも良い物を付けた方が良いもんね。

コンバートするに当たっては、ファイナルレシオを見て加速よりにするか高速よりにするかの検討が必要です。「ISA ドライブスプロケット(DD-2)」は14Tと15Tがあり、「ISA ドリブンプロケット(D-5)」は37~39,43Tがあります。ということで以下が検討した組み合わせ。

純正のファイナルレシオが「2.667」この数値が大きければ、加速が良くなり、小さければ、高速の延びが良くなります。
 1) 14/37 ファイナルレシオ:2.643(ほぼ同一)
 2) 14/38 ファイナルレシオ:2.714(加速より)
 3) 14/39 ファイナルレシオ:2.786(加速より)
 4) 15/39 ファイナルレシオ:2.600(高速より)
 ※ちなみに、このての計算はこのサイトで簡単にできますよ →ファイナルレシオ計算

今回は2)を選択。ちょっと加速を重視した感じですね。 で、早速、隼時代からお世話になっている「2りんかん」に部品と取り付けを発注。商品は1週間もしないで入荷して、本日、装着に行ってきました。

写真 2015-12-18 11 51 55

予約してあったので、早速作業開始。

写真 2015-12-18 13 26 01

2時間くらい掛かるということなので、昼飯でも食いに行こうと思ったのですが、この辺りには飯屋が無いんですわ。しかたがないのでとなりのampmでサンドウィッチとおにぎりで腹ごしらえ。待ってる間は暇です。

写真 2015-12-18 12 12 19

今回、取り寄せたパーツはこんな感じ。先に会計を済ませましたが、値段を気にしないで注文したら、結構な金額でした。諭吉さんが7人も・・・

写真 2015-12-18 12 55 39

写真 2015-12-18 12 55 42

写真 2015-12-18 12 55 46

ということで、待つこと2時間ちょっとで無事に作業が終わり、車両を受け取って帰ってきました。ゴールドな感じになってルックスはなかなか良いですね。

写真 2015-12-18 15 10 25

 

写真 2015-12-18 15 10 46

プロフィール

とうしろうfirstitpro
バイクライフを満喫する50代のオヤジライダー。ビックバイク歴は2004年GSX1300R隼から始まり、現在はDUCATI Multistrada1200Sで10年になります。それ以前は中型バイクでレプリカ~アメリカンまで幅広く乗り継いできました。